TOP >  BULESを練習する

ブルースに囚われて―アメリカのルーツ音楽を探る |飯野 友幸 /高橋 誠 /保坂 昌光 /舌津 智之 /椿 清文 /畑中 佳樹 /大和田 俊之 /榎本 正嗣


ブルースに囚われて―アメリカのルーツ音楽を探るブルースに囚われて―アメリカのルーツ音楽を探る
飯野 友幸 /高橋 誠 /保坂 昌光 /舌津 智之 /椿 清文 /畑中 佳樹 /大和田 俊之 /榎本 正嗣
信山社 刊
発売日 2002-05
価格:¥2,520(税込)
オススメ度:★★★★



たしかに凄いわ・・・ 2005-06-24
ブルースって、実は音楽的にはペンタだ!ターンラウンドだ!6th多用だ!といくらでも知ったかぶりできるわけだけど、確かにここまで探求されると文句の言いようがない。コード分解だ裏コードだとかもううっとーしい。要はSOULがあるかないかの話しなんですよね。私もブルースをもはや漫然と聞けません。日本人としてブルースとこの先どう対峙すべきか…。確かに白人ブルースギタリストで考えると、J・ベックはジャズ、J・ペイジはフォークや民族音楽、E・クラプトンはレゲエ、とブルースの世界から自然と離れていく過程が実証済みの感はありましたが、この本はそれを見事に証明してしまいました。ましてや日本人としてどうしろと・・・。例えばFathers and SonsもいくらM・ブルームフィールドやP・バタフィールドが頑張ってもマディがいるから成立するし、London Sessionsのクラプトン、S・ウインウッド、B・ワイマン、C・ワッツだって結局ハウリンウルフがいるからあれだけ好調に聞こえるわけです。ボブ・ディランだって、なぜ「ブラインド・ウィリー・マクテル」を80年代最高の歌の題材として歌えたか、自明ですね。この本はアルバム紹介本でも音楽テキストでもない、ましてや自称評論家の言いたい放題でもない、もっとgenuinな香りをもって語りかけてきます。山崎まさよし、ストーンズ、ジミヘンからマイルスまで、原点はここです。著者にはマジメに感服。


さらに詳しい情報はコチラ≫


ギター初心者が簡単に上達する練習方法!


関連エントリー

ブルースに囚われて―アメリカのルーツ音楽を探る |飯野 友幸 /高橋 誠 /保坂 昌光 /舌津 智之 /椿 清文 /畑中 佳樹 /大和田 俊之 /榎本 正嗣   CD付 ジョーパス ジャズギター教本 ブルースと代理コード |ジョー パス   ブルースギターのしらべ CD付 絶快!!魂を解き放つ指先のオーガニズム |末原 康志   ブルースハノン~ブルースピアノ奏法とその練習~ |レオ アルファッシー   なんちゃってジャズブルースギター CD付 |亀井 たくま   CD付き ブルースハープ―聴いて・吹いて・楽しくマスター! |浅見 安二郎   おしゃれにブルース・ギター!―ギター・マガジン |宮脇 俊郎   ブルースCDガイド・ブック2.0 |小出 斉